【シンママ・シンパパ要注意!】2歳息子の耳鼻科デビュー 前編

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

こんにちは、シバネコ(@shiba_neko10)です。9月ですがまだまだ外は暑いですね💦
毎日、自転車で汗をダラダラかきながら息子を保育園に連れて行ったり、接骨院に通ったりしてます。
接骨院の話は、長くなりそうなのでまた別記事で書きたいと思います。
そんな汗っかきの私の横で2歳の息子が風邪をひいてしまいました。初めてのことで、戸惑いながら対応していますが、読んでいただけると嬉しいです。

風邪ひいた?

2週間程前からずっと、息子の鼻水と咳がすごく出ていることに気付きました。最初は、「風邪ひいたかな?」ぐらいに考えていたので、特に病院には連れて行きませんでした。37℃前後の熱が出たり下がったりすることが1週間程続きました。熱が出た時は保育園を休ませたりしていました。その状態が1週間程続き、熱は下がったのですが、鼻水と咳はいまだに止まりません。熱は出なくなったので、息子は凄い元気😄なのが救いです。

息子は今までほとんど熱を出したり風邪や病気にかかったことが無かったので、これが初めての風邪と言っていいかもしれません。

あれ?治らない(^_^;)

1週間過ぎた辺りでさすがにおかしいと思い、近所の耳鼻科に連れて行きました。何故小児科ではなく耳鼻科にしたかというと、熱が下がったからです。それと、その耳鼻科は予約なしで気軽に行けるし、平日は空いているからです。ちょっとした風邪ぐらいなら、そういう小さな病院を知っていると気兼ねなく行けるので良いですよね。

お医者さんに診てもらったら、寒暖差によってかかる風邪でした。寒暖差で風邪にかかるんですね、ちょっとびっくりしました💦

「寒暖差でかかる風邪」についてわかったこと

夏の時期によくある風邪

室内の気温(25℃〜27℃前後)と屋外の気温(30℃〜35℃前後)の差によって風邪をひいてしまうそうです。一番差がある時で10℃以上になることもあるので抵抗力のない子どもがかかりやすいらしいです。

・一度かかると症状が長引くことがあります(数ヶ月治らないことも…)。

一般的なウイルス性の風邪だと熱が出て、熱が下がると治りますが、寒暖差でかかる風邪は熱が出ないのでなかなか治りません。

・耳鼻科に定期的に行って、鼻水を吸引してもらわないといけません。

息子の場合、午前中に耳鼻科に行ってもお昼頃には鼻水ダラダラ、咳がゲホゲホ出ています。その為、週に3〜4回、耳鼻科に通っています。過度の吸引は症状を長引かせてしまうそうなので、市販の鼻吸い器と併用する場合は、お医者さんと相談してからの方が良いと思います。息子の場合、耳鼻科の鼻水吸引の時に全く泣かないので、保育園前などに受診すれば30分程度で終わります(鼻水吸引+鼻吸入)。

・鼻吸入とは?

鼻や喉の炎症を抑える薬を細かい霧状にして、口と鼻から吸入する機器のことです。


・鼻水を吸引しないとどうなるの?

喉の奥に鼻水が溜まり、鼻呼吸がしづらく、口呼吸になるので咳がひどくなります。それだけでなく、溜まった鼻水が耳に流れると中耳炎になります。鼻水を吸引せずに(耳鼻科に行かずに)、12歳頃まで育つと、大人になっても口がポカーンと開いたままの人になるそうです。←これ結構衝撃的でしたw

早めに病院へ!

こんな理由で、うまく鼻がかめない子どもの鼻水関連はなるべく早めに耳鼻科に行った方が良いということですね。まだ完治していないのでその後のエピソードは後編で記事にします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

★シバネコ★

性別:女性
年齢:30代後半
職業:専業主婦
興味のあること:ハンドメイド、育児関連、料理、お絵描き
家族構成:夫→30代後半、
       リベ大生(YouTuber 両学長のオンラインサロンメンバー )、
       漫画とゲームが好き
     息子→2歳、アンパンマン、電車、バナナ、うどんが好き
性格:ブラック企業で働いていた事があり、我慢強さと根性には自信ありw責任感強めで真面目。やると決めたことは絶対にやり遂げます。

ストレングス・ファインダーやりました!
責任感|最上志向|慎重さ|学習欲|調和性

出身:兵庫県宝塚市
スポーツ:元卓球部、趣味でロードバイク(子どもが小さいので最近できてません)
得意な事:広告の校正の仕事をやっていたので、文字校正・間違い探し
ブログを書く上での目標:自分で書いたイラストで漫画を描きたい。
            ハンドメイド作品を100作品以上掲載したい。
近況:最近、夫に影響されリベ大生になりました。

シバネコをフォローする
子育て
シェアする
シバネコをフォローする
ハレのち主婦

コメント